史群アル仙の公式ブログ

漫画家・クレパス画家、史群アル仙の告知や活動やその他更新。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【菩須彦 個展 「塩の柱」】大阪梅田padGALLERY  

こんにちは。今日は個展の紹介です。

明日、3月1日より大阪梅田のpadGALLERY(パッドギャラリー)にてボスヒコ(菩須彦)氏の個展が開催されます。

ボスヒコ氏は今連載中の「史群アル仙のメンタルチップス~不安障害とADHDの歩き方~」や単行本発売中の臆病の穴②巻のあとがきにも登場した方です。
メンタルチップスを購読している方ならご存じかとは思いますが、酒と薬に依存して路上に転がっている生活を続けていたどん底の私を、引き上げて助けてくれた命の恩人であり、師匠です。


そんなボスヒコ氏は、アートディレクターであり自らも国際的に活躍してるアーティストです。
ライブペインティング、墨絵、木版、立体、映像、等、様々な作品を作られます。(ドラムをたたいたりもしていた…)

今回はそんなボスヒコ氏の「抽象的表現」の作品をテーマにした作品が並ぶ展覧会です。

ボスヒコ氏は、ほぼ全日在廊されてる予定で、オープンスタジオとして作品制作をされています!
是非いらしてください。
_____________________
2017年ボスヒコ個展001



【菩須彦 個展 「塩の柱」】

■場所
【padGALLERY】
〒530-0027
大阪市北区堂山町5-17 
堂山数寄ビル

■会 期:
2017年3月1日(水)〜3月12日(日)
水〜金16:00〜22:00 土・日・祝13:00〜18:00
※月・火曜日 休廊 
 
ライブペインター菩須彦による抽象的表現を使った具象展覧会。
夢の中に街がある事に気付いた私は、その世界の地図を作る為にある事を実行した…。
 
​ 
《塩の柱》
旧約聖書でソドムとゴモラの滅亡に関連した話で、ロトの妻の伝説に由来する。
「創世記」第19章、ロトとその家族は神によって救われるが、逃げる途中は振り返るなと神に言われたのに、ロトの妻は振り返ったために塩柱にされたと言われているもの。
転じて、過去に固執し、後ろを振り返ってばかりで前進することを恐れていては、身動きできなくなる。という意味も持つ。

菩須彦の「塩の柱」を是非、ご高覧ください。
 
 
 
《作家滞在日》
ほぼ全日に渡り、オープンスタジオとして、5月にMI Galleryにて開催される『菩須彦×美和いちこ 2人展(仮)』に出展する作品制作をしております。
 
●3月4日(土) 5日(日)《今日は一日ゲーム三昧》
接客もままならないまま、菩須彦がただ単にゲームをしています。対戦しに来てください。
 
●3月11日(日)《クロージングパーティ》
焼き師にのうでの、ゲストパフォーマンスを予定しております。

_____________________
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/28 Tue. 18:21 [edit]

category: ■「padGALLERY」関係

tb: --   cm: --

【展示11月30日~12月11日】X EXHIBITION『性』@padGALLERY  

padGALLERYロゴ

大阪梅田(堂山)padGALLERYにて開催されるX EXHIBITION<テーマ>『性』展示会に参加させて頂きます。
クレパス画4点と、イラスト新作1点、合計5点出展します。

kokuti2.jpg kokuti.jpg

padGALLERYは1Fで美味しい紅茶やコーヒー、お酒が飲める『Tea & BAR ARTiQA』があります。
是非ゆっくりと作品とお茶を堪能していって下さい!

15203319_761560620666426_6704734012064986440_n.jpg

【X EXHIBITION<テーマ>『性』】
■会期…11月30日~12月11日
■営業時間
水〜金16:00〜22:00 土・日・祝13:00〜18:00 
月・火 休廊
■会場
〒530-0027 大阪市北区堂山町5-17 
堂山数寄ビル padGALLERY
http://www.pad-gallery.com/
阪急東通り商店街を真っ直ぐ抜けて「さば問屋」という飲食店が見えたら左へ。
padGALLERY案内の看板が設置されています。
■入場…無料

サガ…(自分ではどうしようもない)うまれつき。
しょう…たち。性質。 せい…身体的特質による男女・雌雄の別。セックス。 シヤウ…仏教で、万物の本体。
など『性』という文字には様々な意味合いが含まれます。
その文字を見て何を感じるかは人それぞれ。
「性」を広域で捉えた各作家たちの作品を是非ご高覧下さい。

​<展示作家>
稲葉高志 エゴウサトシ 大巻弘美 北村奈緒子 史群アル仙 
タイ・テツヤ ちあ紀 橋口夕日子 Biedcagehead/Hitomi  
菩須彦 美和いちこ

※レッテルアーツエキシビション参加展覧会です
http://www.letter-arts.com/

padGALLERY案内

Posted on 2016/11/29 Tue. 16:21 [edit]

category: ■「padGALLERY」関係

tb: --   cm: --

Calendar 1.0

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。